阿波連本勇氏市政功労賞受賞祝賀会

2013年6月4日 首里支所一階ホール
主催 首里振興会



首里振興会の理事でもある阿波連本勇氏(78歳)がこのたび、
毎年秋の古都首里の一大イベント「琉球王朝祭り首里」の古式行列の復活、
久しく途絶えていた「路地楽・御座楽」の復興への尽力などの功績により、
那覇市から市政功労者として表彰されました。
首里振興会、地元関係者、同氏にお世話になった方々で、
手づくりのささやかな祝賀の夕べをもちましたので、報告します。


阿波連本勇先生、笑顔でさっそうと登場。


司会進行は、首里振興会・嘉陽田詮事務局長です。



慶佐次興和首里振興会副理事長による挨拶と阿波連さんの紹介。



永山潔首里振興会理事長の祝いのスピーチ。



市政功労者表彰状と那覇市制施行92年記念式典における受賞者紹介パンフも展覧。



内輪の会なのに、50名余の人が詰め掛けた。



島袋正則山川町自治会会長の心のこもった祝辞。



阿波連先生の近所に住む渡名喜一昌北翔会事務局長の劇的トーク。
2000年沖縄サミット首里城イベントにおける
各国首脳を迎えての、阿波連氏による琉球芸能紹介秘話が初めて明かされた。



中松竹二郎北翔会会顧問による乾杯の音頭。


四つの大きなテーブルを囲んで、会食懇親の場に移る。


それぞれの卓で、話の花が咲く。


また、それぞれのテーブルに席を移して、久々の再会を喜ぶ。








阿波連本勇氏の弟の本紀氏のお礼のスピーチ。


久高将光那覇市副市長のお祝スピーチ。



祝賀の花が続々と届き、手渡されます。



阿波連先生にお世話になった後輩、お弟子さんと記念撮影。
女性に人気がありますなあ。両手に花であります。



こちらは、主催者の首里振興会のメンバーと。












こちらは、北翔会の関係者と。











阿波連本勇先生への、尊敬の念と、祝いのウムイと、親しみのココロが
三重奏しているような、素敵な会でした。
先生の末永きご活躍を祈っております。