琉球500年の古都・首里の伝統と文化を次の世代へリレーしていくために。
地元スインチュから、沖縄、日本、全世界のウチナーンチュとウチナー・ファンの力を結集しましょう!
首里振興会 古都首里を愛する人たちの輪
久慶門
首里振興会事務局:〒903-0807 那覇市首里久場川町2-18-9 首里支所内1F  
理事長:永山潔  事務局長:又吉盛秀
TEL:098ー886ー5547 FAX :098-943-0097 e-mail:staff@syuri-sinkoukai.com

古都を愛する人達の「輪」と「和」…首里振興会会員にあなたも!
久慶門


トップ
首里というところ
琉球王国の歴史と変遷

首里城と城下町について

首里の風土と土地柄

戦前の首里の町

沖縄戦による災禍

戦後の復興

首里城の復元 

理事長挨拶と役員紹介

首里振興会の歩み 

首里地区自治会の役割
 

古式行列

旗頭、祝賀パレード

サポーター掲示板

リンク

只今募集中、首里文化応援団サンプルページ

首里振興会に至るまでの歩み

当会は、首里地区の全文化活動を
総括的に発展させ、内外との交流を深めるため
新たな組織として、発足しました。

首里振興会メンバーの祝賀パレード

新組織になって初めての首里振興会メンバーの祝賀パレード


2007(平成19)年4月に発足した首里振興会は、
その前身である「首里文化祭実行委員会」の長い実績を受け継いだ
首里全体を代表する唯一の民間団体です。


まず、沖縄県の本土復帰のはるか以前の昭和35年(1960年)に
開催した「首里教育まつり」は、
「児童生徒の学事奨励と若い世代の励起」を狙いとして
地区内の有志によって始められた文化活動で、
「首里奨学母の会」等各分野の住民が中心としてなって盛り上げられました


その年の11月に、
教育まつり実施準備協議会が城西小で開催され、
会長に西平守由、副会長に稲嶺盛武、総務部長に又吉盛弘、
行事執行部長に大山盛幸の各氏が決定しました。

(「首里教育まつり」から「首里文化祭実行委員会」にいたる
歴代の会長はこのページの末尾に紹介しています。)

琉球大学10周年並びに首里高校80周年記念行事としての
その「教育まつり」に、1200ドルの予算がついたと、記録に見えます。

まつりの内容は以下の通りでした。

●旗行列   12月2日
●提灯行列    12月8日
●記念式典と余興 12月9日(金)
●花火大会龍潭池畔
●角力大会    12月10日 (土)

当時は、首里の各自治体がトラックの荷台を装飾してパレードを行い、
審査員が点数を付けて順位を競ったといいます。


第1回首里文化祭にあたる教育祭(昭和35年)

教育祭行列風景(中央奥に守礼門)

教育祭行列風景2

教育祭(婦人部演芸会)

その後、この「首里教育まつり」は、
昭和53年(1978年)に、名称も「首里文化祭」と発展継承されました。
同時に、今日の祭りの呼び物の一つである、
在りし日の伝統行事「古式行列」も復活され、
毎年11月の文化の日を中心とする一連のお祭りが催されてきました。


一方、復元なった首里城を管理する首里城公園管理事務所でも、
首里城祭りを毎年開催し、
沖縄を訪れる観光客の好評を得ております。


また首里地区住民の有志によって
「綾門大通り綱引き」が古式に従った形で復元され、
「首里城下に蝶を翔ばそう会」、
「わがまちは花と緑と思いやり:首里園芸祭り」など、
城下町首里の文化的な活動が年々盛んになってきました。


そこで、旧「首里文化祭実行委員会」では、
澎湃として興った首里地区の文化活動を総括的に発展させ、
県内外のお力添えを大きく受け入れるためにも、
体制を改める必要ありとして、
「首里振興会」と、名実を整えた次第です。


首里文化祭実行委員会歴代会長

トップへ戻る

Copyright 2008, Syuri-shinkoukai , All Rights Reserved.