琉球500年の古都・首里の伝統と文化を次の世代へリレーしていくために。
地元スインチュから、沖縄、日本、全世界のウチナーンチュとウチナー・ファンの力を結集しましょう!
首里振興会 古都首里を愛する人たちの輪
美しい城壁
首里振興会事務局:〒903-0807 那覇市首里久場川町2-18-9 首里支所内1F  
理事長:永山潔  事務局長:又吉盛秀
TEL:098ー886ー5547 FAX :098-943-0097 e-mail:staff@syuri-sinkoukai.com

古都を愛する人達の「輪」と「和」…首里振興会会員にあなたも!
城壁の稜線まで
美しい首里城


トップ
首里というところ
琉球王国の歴史と変遷

首里城と城下町について

首里の風土と土地柄

戦前の首里の町

沖縄戦による災禍

戦後の復興

首里城の復元 

理事長挨拶と役員紹介

首里振興会の歩み 

首里地区自治会の役割
 

古式行列

旗頭、祝賀パレード

サポーター掲示板

リンク

只今募集中、首里文化応援団サンプルページ

5.沖縄戦による災禍

首里に日本陸軍司令部があったことから、
王国の史跡・文化遺産のことごとくが消失し、
城下町のすべてが壊滅しました。

壊滅した首里城周辺
沖縄戦で一木一草まで壊滅した首里城周辺


1944(昭和19)年、秋。
県都那覇市を襲った米軍の大空襲(10・10空襲)でも、
首里の町は災禍を免れました。

東京大空襲でも皇居を避けて市街地だけを消滅させた米軍。
京都や奈良の文化遺産を攻撃目標から外した米軍。
これらの“文化的配慮”が沖縄でも適用されたかどうかは分かりません。

サイパン・硫黄島の玉砕と、
戦雲急を告げる1945(昭和20)年まで、
依然首里は安泰でありましたが、
しかしその頃から、沖縄全体が次第に破滅の道を辿り始めました。

日本陸軍の精鋭第32軍が首里に司令部を置き、
地上戦の準備を始めたからです。
首里城の地下に総延長千数百メートルにも及ぶ壕を掘り、
ここを防衛ラインとして、
1945(昭和20)年4月1日に本島中部西海岸に上陸した米軍を、
5月末に南部に撤退するまで迎え撃ったことにより、
首里城をはじめ麓の玉御陵、円覚寺、
弁財天堂、御茶屋御殿、識名苑、末吉宮、龍潭など史跡・文化遺産がことごとく消滅し、
城下町のすべてが壊滅しました。



消失した文化財(戦前のもの)、ほんの一部です。

明治末の首里城正殿
首里城正殿(明治末)


戦前の守礼門
賑わう守礼門、昭和12年ころ

戦前の龍潭周辺
戦前の龍潭、世持橋と中城御殿

御茶屋御殿
御茶屋御殿跡(東苑)  国王が遊覧したり、冊封使など国賓を歓待した別邸兼迎賓館御茶屋御殿。
"拝でぃ拝みぶしゃや首里天加奈志、遊しでぃうちゃがゆるお茶屋御殿" (古屋チルー)と詠われた。

戦前の識名苑
戦前の識名苑。御茶屋御殿が東苑と呼ばれたのみ対し、南苑と呼ばれた、琉球王国最大の別邸。
国王一家の保養や中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)の接待の場にも利用された。 1799年に造営。

末吉宮
第一尚氏六代尚泰久王ころ(1454年~60年)、鶴翁和尚が熊野山所権現を迎え、
まつったのがはじまりの古い宮-末吉宮。下方には、組踊「執心鐘入」の舞台で、
「末吉の寺」(シーシヌティラ)と呼ばれ親しまれてきた、遍照寺(もと万寿寺)の跡がある。

※このページの写真はいずれも「写真集 沖縄」(那覇出版社刊)より



トップへ戻る


Copyright 2008, Syuri-shinkoukai , All Rights Reserved.