琉球500年の古都・首里の伝統と文化を次の世代へリレーしていくために。
地元スインチュはもとより、沖縄、日本、全世界のウチナーンチュとウチナー・ファンの力を結集しましょう!
首里振興会 古都首里を愛する人たちの輪
瑞泉門
首里振興会事務局:〒903-0807 那覇市首里久場川町2-18-9 首里支所内1F  
理事長:永山潔  事務局長:又吉盛秀
TEL:098ー886ー5547 FAX :098-943-0097 e-mail:staff@syuri-sinkoukai.com

古都を愛する人達の「輪」と「和」…首里振興会会員にあなたも!
瑞泉門


トップ
首里というところ
琉球王国の歴史と変遷

首里城と城下町について

首里の風土と土地柄

戦前の首里の町

沖縄戦による災禍

戦後の復興

首里城の復元 

理事長挨拶と役員紹介

首里振興会の歩み 

首里地区自治会の役割
 

古式行列

旗頭、祝賀パレード

サポーター掲示板

リンク

只今募集中、首里文化応援団サンプルページ

4.戦前の首里と、首里人(スインチュ)


戦前の首里は、王朝残影。
詩人・佐藤惣之助はこう感嘆しました。
しづかさよ、空しさよこの首里の都の宵のいろ…


戦前の首里の町並み赤瓦屋根の連なる戦前の首里の町並み


まず、明治期から戦前の首里人についてふれておきましょう。

戦前の首里は、エリートの町でもありました。
明治12年の廃藩置県による王政の解体、士族階級の離散などの
社会制度の変遷を生き延びた首里人(スインチュ)は、
士族はもとより、泡盛産業の旧家、官公庁の役人だけでなく、
首里市民全体が「自分はスインチュ」という気概に満ちていました。

世替わりの不遇をかこちながらも
首里人は、社会的技量と非常に高い気位をもっていましたので、
その子弟の多くは、出世街道を邁進し、各界に傑出した人物を輩出しました。

また、一方でほかの地域に活路を見出し、
県内各地に転居した首里人は、行く先々の村に直接合流するのではなく、
既存の村落の近くにひとまず集落(ヤードイ)を構えて、
徐々に地歩を固めていきました。

県内各地には、いまでも、それぞれに高い気位を保ちながら
そうした「スイナガリ(首里流れ)」としてのルーツを誇る
家系も少なくありません。

また土地の佇まいに目を移せば、戦前の首里は森の町でした。
石垣に囲まれた民家は例外なく赤い瓦屋根で、
雨端(あまはじ)と呼ばれる軒の張り出しが長い上に、
亜熱帯照葉樹の屋敷林に深々と覆われて、
中からしわぶき一つ聞こえない静まり様でした。

目抜き通りだけは商店が並び、
下駄の音や話し声がまばらに聞こえる程度です。
一歩屋敷町に入ると、耳が痛くなるほど、静穏そのもの。
物音は、まず枝葉の絶妙な消音効果で分散され、
石垣に吸収されて、外界には届きません。
メジロの囀り(さえずり)やけたたましいヒヨドリの声が
梢から風に乗って伝わるだけです。

首里のこの異様なほどの静けさに感じ入って、詩に表した人がいます。
佐藤惣之助です。
戦前、『人生劇場』『赤城の子守唄』『人生の並木道』などの
ヒット曲で知られるモダニズム詩人ですが、
旅行で訪れた琉球首里の印象をこう書いています。

佐藤惣之助の「宵夏」の詩
陶芸家浜田庄司の手になる陶板が用いられた惣之助の「宵夏」の詩碑

『しづかさよ、空しさよ 
この首里の都の 宵のいろ
誰に見せやう 眺めさせよう』 (佐藤惣之助)

現在、首里赤平町・虎頭山(とらずやま)の
城下町を見おろす山頂にこの詩碑が残されています。
首里城復元前は、城跡入口にあったのですが。

消失する前の首里城
消失する前の首里城正殿



トップへ戻る



Copyright 2008, Syuri-shinkoukai , All Rights Reserved.