琉球500年の古都・首里の伝統と文化を次の世代へリレーしていくために。
地元スインチュはもとより、沖縄、日本、全世界のウチナーンチュとウチナー・ファンの力を結集しましょう!
首里振興会 古都首里を愛する人たちの輪
首里城内飾りつけ
首里振興会事務局:〒903-0807 那覇市首里久場川町2-18-9 首里支所内1F  
理事長:永山潔  事務局長:又吉盛秀
TEL:098ー886ー5547 FAX :098-943-0097 e-mail:staff@syuri-sinkoukai.com

古都を愛する人達の「輪」と「和」…首里振興会会員にあなたも!
首里城内飾りつけ

7.首里城復元計画と工事

首里城の復元は、
本土復帰前の琉球政府の、
そして復帰後は市、県、国あげての
悲願であり、夢でした。

正殿に国王が…
正殿が完成したばかりか、城の中にはときおり、
王や后の姿が見えるようになりました。




小高い丘の上に立つ首里城は、多くの役割を担っていました。
その歴史は琉球王国の歴史そのものであり、
信仰上の聖地であり、
また国王とその家族が居住する「王宮」であるとともに、
王国統治の行政機関「首里王府」の役所でもありました。

沖縄戦で完全消滅した琉球王国のシンボルの復元は、
全沖縄県民の夢のプロジェクトでしたが、
国営沖縄公園事務所を中心に、
首里振興会の母体である地元首里の各自治会はもとより、
那覇市、沖縄県、官・民・学、県内外の政財界、教育界あげての協力のもと、
二十有余年の歳月をかけて、
1992年に正殿、北殿、南殿などの主要施設が完成、
一般の公開が始まりましたが、現在も様々な拡張工事が進行中で、
首里城城域空間全体の完全なる歴史的復元を目指しています。


また首里城は、2000年12月、『琉球王国のグスク及び関連遺産群』として、
日本で11番目の世界遺産として文化遺産に登録されました。
1. 首里城跡 2. 園比屋武御嶽石門 3. 玉陵 4. 識名園 5. 今帰仁城跡
6. 勝連城跡 7. 座喜味城跡 8. 中城城跡 9. 斎場御嶽 の9ヶ所ですが、
その中核施設として、歴史的にも、文化的にも、
様々な可能性を秘めていて、その一部はすでに知られています。
たとえば正月の王朝儀式や新春の舞、 秋の
中国皇帝の使者「冊封使 」をもてなした
冊封七宴のひとつ 「中秋の宴」 を再現や、
首里振興会主催の伝統の「琉球王朝祭り」と連動した「首里城祭」、
中秋の名月を愛でる「観月会」などの恒例企画のほか、
2000年の沖縄サミットでの「公式晩餐会」会場、
最近ではオペラ公演の舞台としても注目されています。

正殿内部
豪華絢爛たる正殿内部

その復元の具体的な過程については、以下のサイトをご覧ください。

Wonder.沖縄「首里城の再建」

http://www.wonder-okinawa.jp/001/003/index.html




首里城復元の初期の告知パンフレット
(16ページ、1987年、国営沖縄記念公園事務所発行)


首里城復元告知パンフ表紙

首里城復元告知パンフ中面1
首里城復元告知パンフ中面2

首里城復元告知パンフ中面3


首里城復元告知パンフ裏表紙

以下、復元の夢が正夢に変わるまでの経緯を辿ります。


■1970年(昭和45年)  琉球政府文化財保護委員会(首里城復元期成会の前身)が首里
              城及びその周辺戦災文化財の復元計画を策定し、日本政府へ正
              式に要請する。
■72年(昭和47年)    首里城歓会門の復元工事が始まる。(~49年)。
■73年(昭和48年)    「首里城復元期成会」が結成される。
■77年(昭和52年)    久慶門の復元工事が始まる(~59年)。
■82年(昭和57年)    国の沖縄振興委員会の中に「沖縄戦災文化財復元等に関する小
              委員会」ができる。
■84年(昭和59年)    国の沖縄振興委員会の中に「沖縄戦災文化財復元等に関する小
              委員会」ができる。
■86年(昭和61年)    国営公園区域の事業が着手される国営沖縄記念公園首里城地区
              として、首里城跡地約4haの整備が閣議決定。国営公園予定地周
              辺の県営公園化が、沖縄県の庁議で決定される。首里城公園
              (17.8ha)が都市計画決定される。
■87年(昭和62年)    首里城公園の都市計画事業承認される。
■88年(昭和63年)    首里城正殿の設計が完了する。
■89年(平成元年)    首里城正殿の復元に向けて「木曳式」「起工式」を開催。
              首里城正殿建築工事が着手される。
■92年(平成4年)    首里城正殿、南殿、北殿、奉神門等完成、国営沖縄記念公園と
               して一部開園。
■95年(平成7年)     首里城復元期成会、龍樋称賛石碑碑文七基を復元完成し国営
               沖縄記念公園に寄贈する。
■2004年(平成16年)   首里城復元期成会、継世門前左右の石碑碑文二基を復元完成
               し沖縄県に寄贈する。

首里城復元期成会資料参照)



トップへ戻る


トップ
首里というところ
琉球王国の歴史と変遷

首里城と城下町について

首里の風土と土地柄

戦前の首里の町

沖縄戦による災禍

戦後の復興

首里城の復元 

理事長挨拶と役員紹介

首里振興会の歩み 

首里地区自治会の役割
 

古式行列

旗頭、祝賀パレード

サポーター掲示板

リンク

只今募集中、首里文化応援団サンプルページ


Copyright 2008, Syuri-shinkoukai , All Rights Reserved.